「 日々道楽 」一覧

NO IMAGE

木を見て森を見ずではいけない

 新聞がしばしば「民主主義の危機」という表現を使うので、この言葉がマンネリ化して、上滑りしていると論ずる向きが多い。  たしかに言葉というものは常に意味の核心を理解してもらわなければ発信す...

NO IMAGE

あんたが元凶

 昨日、行政私物化の安倍氏が――行政に対する国民の信頼が揺らいでいる。徹底的に「膿」を出し切る――と語った。  「もう、その時ではない」というのが私の感想だ。  漢字遊びだけれど----...

NO IMAGE

わたしの矜持

 53年前のこと。わたしは組合支部役員に立候補した。定員3人に5人立候補で激戦だ。しかも入社2年の丁稚みたいな存在なので落選必至と予想されていたのだが、2位に肉薄、次点を大差で引き離して当選...

NO IMAGE

嘘から出た真実!

 「私が意図していないこと、私的なことについて、私の秘書官が首相の意向を振り回すことはない」と安倍氏は答弁した。  その通りである。  だから、安倍氏が意図したからこそ、秘書官が首相の意...

NO IMAGE

退場するしかない

 わたしが初めて北京を訪れた際、中国には「上に政策あれば、下に対策あり」という名言(!)があると知った。  なるほど、かのお国の人々は4千年にわたる支配権力者とのせめぎ合いにおいて、表面は...

NO IMAGE

おいおい、読売さんよ

 本日の読売社説は「日報・森友問題 公務員の規範意識が低すぎる」と見出しを掲げるのである。  読売が堂々たる安倍シンパ活動をやっているのは自由である。  しかし、ここまで事態が煮詰まって...

NO IMAGE

残業

 原稿を書いていてひょいと気づいた。今年はチキンラーメン発売60周年だ。  わたしが社会人になったのは1963年で発売5年目であり、単身寮のわたしたちには必須品! であった。正真正銘の低賃...

NO IMAGE

誉められたくない?

 誰でも、自分がおこなったことが評価されるとか、誉めてもらえると嬉しいし、さらにやる気を起こすものだ。  誉めるには、「やったこと」(process)と「できたこと」(contents)の...

NO IMAGE

確信犯ですね

 昨日の安倍氏の新人国家公務員に対する訓示の末尾――  「だからこそ、これから国家公務員として歩む人生、全体を見渡し、あらゆることに思いを巡らし、国民の信頼を得、負託に応えるべく、高い倫理...

NO IMAGE

腐っているのは誰か!

 2004年から06年の自衛隊イラク派遣について、陸上自衛隊の「日報が残っていない」と答弁したのは前防衛相の稲田氏である。  当時も、残っていないなんてこと自体が決定的におかしいことは誰が...

NO IMAGE

会食

 大昔の話だ。1963年にわたしが入社した工場は従業員が1万人ほどおり、従業員の昼飯は工場内の給食工場で作っていた。なにしろ、まずい。  某日、部長と新入社員の会食をするというお達しがあっ...