NO IMAGE

半歩先は闇

 国家戦略特区か構造改革特区であるか、いずれにしても、「今年の1月20日に初めて今治に加計が出ることを知った」という首相答弁は不自然すぎだ。  自分で自分のクビを締めるような答弁をしたのは...

NO IMAGE

低姿勢→低至誠

 読売本日社説は「衆院閉会中審査 政権の信頼回復につながるか」と見出しをつけた。いわく------  「首相らの発言は不自然ではないか、との見方もあるが、事実なら、首相の友人を優遇したとい...

NO IMAGE

安倍こべ

日本青年会議所イベントで「人の話を聞かないイメージがあるが、結構聞くんです。議論をしても話は聞いていきたい」と某首相。 「結構聞くんです」というのは、自己規定であって、世間は聞いていないと...

NO IMAGE

体裁ばかりつける政治

 たとえば夏休みを5日間削って他の時期へもっていき連休を作って、親子共々休んで消費や観光需要に結び付けようとする。  これ、キッズウィークと名づけて、官民推進会議で議論中。来年度から実施す...

NO IMAGE

居座り

 今度は、自衛隊の背広組と制服組の間に不協和音が高まっているそうだ。しかし、稲田女史が「正直」に語れば片付く話だ。  とぼけてお人形さんしているから、周辺が、「お前とこで責任とれ」の押し合...

NO IMAGE

みなさま、引き際ですね

 不況だからデフレなのであって、金融で為替や株に影響を与えても、デフレから脱却できるわけではない。2013年の黒田日銀発足、「異次元緩和論」の登場当時から、素人のわたしですら指摘し続けてきた...

NO IMAGE

漂流

 本日の日経社説表題は「『米国抜き』の世界が本当にやってきた」とした。  ――米国は無謀な戦争をやったり、金融市場を混乱させたり、世界を振り回してきたが、いま存在感を失った。トランプの顔色...

NO IMAGE

手抜き政治は危ない

 イギリスのEU離脱方針が決まらない。  メイ内閣が、強硬離脱か、緩やか離脱か。いずれも選択できないからだ。しかも、強硬離脱の前途は波風が高く、いまのようなもたもたが長引くならば、少なから...

NO IMAGE

昔も今も

 かつて日本帝国陸軍は、「陸軍第一・国家第二」の動物的ともいうべき行動原則をもっていた。  とにかく政治力がある。機密費なるものをふんだんに使って、贈り物攻勢をかけるなんてことは当然である...