NO IMAGE

しまりがない野党合併の動き

 立憲民主党と国民民主党の合併問題が捗らない。今度は、国民が分党して、合併組とそうでない組になるという話らしい。  2018年衆議院選挙前に、民主党代表前原氏が突然、立ち上がったばかりの希...

NO IMAGE

コロナもトランプも大厄介

 米国厚生長官のアザー氏が台湾を訪れた。「台湾のコロナ対策が世界でもっとも成功した。オープンで民主的な台湾社会のお手柄」だと称賛した。自分の国でコロナ対策が成功しないのは、その逆だからだと茶...

NO IMAGE

暑苦しくとも考える

 1970年代までは、アメリカが世界の警察官という表現は、そうであってはならないという意味に使われていた。  2001年9月11日、ニューヨークなどの航空機による同時多発テロが発生し、ブッ...

NO IMAGE

疲労困憊か

 本日の読売社説は、「新型コロナ対策 感染抑止へ国は責務を果たせ」と主張する。昔の野球ファンのなかには、ごひいきチームがドジして敗けると、空き缶など投げるのがいた。社説の中身は格別掘り下げた...

NO IMAGE

反科学の気風

 米国国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長宅へ、殺害の脅迫状が届いていたそうだ。家族も含めて容易ならざる動揺があっただろうが、氏は、科学者らしいコメントをした。  いわく、「わが国には...

NO IMAGE

ないない尽くし

 動画アプリTikTokの米国内営業を認めない決定を出すとしていたトランプ氏が、マイクロソフトなどの買収が実現すれば営業を容認するという。米国事業の全株売却が条件とされているが、9月中旬目途...

NO IMAGE

永田町怪談

 自民党は直ちに国会を開催する気がないらしい。三十六計、逃げるに如かずなのであろう。これ、政府与党の得意技だ。これしかない。  いま、人々の視線は厳しい。公開の論戦に出れば、サンドバックに...

NO IMAGE

日米はダメ政治家の見本であるか

 1864年7~8月、アメリカは内乱の真っただ中だった。北軍総帥グラント将軍と南軍リー将軍の戦闘は互角、両軍共に莫大な戦死者を出していた。奴隷解放政策によって連邦軍兵士の命が失われるという批...