「 週刊RO通信 」一覧

NO IMAGE

世論の1人として考える

NO.1303  世論というものは、実際のところ掴みどころがない。いったん緩急あれば、あっという間に沸騰して爆発的な力を発揮する。しかし、その本質がどこにあるのかわからない。昨今はとりわけ...

NO IMAGE

「寄り添う」という言葉

NO.1301  わたしは、病床に臥す方のお見舞いが苦手だ。昔、長く入院している母を毎日訪れたが、容易に言葉が見つからない。ブスッとしているわけにはいかないから、何か話さなくてはいかんと焦...

NO IMAGE

怪しい権力は隠し事が多い

NO.1298  ウィキリークス(WikiLeaks)の創始者ジュリアン・アサンジ氏が、エクアドル大使館で7年間の潜伏生活に終止符を打たされた。イギリスがアメリカへ送還するのではないかと懸...

NO IMAGE

元号に隠れているお話

NO.1297  ものの本によると、元号は、前漢(前202~後8)の第7代皇帝・武帝といわれた劉徹(在位前141~前87)に始まる。武帝が、前140年に元号を「建元」としたのが、中国の最初...

NO IMAGE

賢くない政府の消費態度

NO.1295  ワイズ・スペンディング(賢い消費)という言葉が登場してひさしい。何をもって賢いというか。ちょっと考えるとなれば面白いけれども、なかなか難しい。これもまた百人百様の嗜好性が...

NO IMAGE

いかに働くべきかを考えたい

NO.1294  機械工場の班長で、人格、技量ともに優れて、人望のある先輩がおられた。先輩は50代半ば、わたしは22、23歳であったか。たまたま春闘時期だったと思うが、先輩が入社して以来の...

NO IMAGE

知とことば

NO.1292  世の中はことばが氾濫している。ことばあってこその世の中である。ことばが大切に扱われているだろうか? ことばは何ごとかの意味を表現するものである。ことばの信頼が失われるなら...