「 2019年02月 」一覧

NO IMAGE

労働記者はどこへ消えた!

 1980年代まで、各新聞社には労働問題に詳しいベテラン記者がおられた。しかし、昨今は、しかるべき記者が見当たらない。どこかに蟄居しているか?  世間には労働問題はたくさんあるから、取材し...

NO IMAGE

見えざる手!

 イギリスのEU離脱(ブレグジット)が依然混沌としている。  メイ首相を支える保守党の閣僚が、合意なし離脱ならば大挙辞任するという事態を招いている。そうなれば内閣は瓦解するし、国政は成り立...

NO IMAGE

ペースを落として語らいを

 ある人からいただいたお便りに、「職場は本当に忙しく、出口の見えない労働強化状態であり、新人に仕事を教えてあげられる環境もなく、入社2年程度の若者の離職が目立つ」と書かれている。  人手不...

NO IMAGE

同一労働同一賃金の取り組みを

 メトロコマース(東京メトロ子会社)の契約社員(女性)4人が、正規社員との処遇差を巡って提訴していた事件で東京高裁が20日、住宅手当、早出残業割増率格差について格差は不合理の判決を出した。 ...

NO IMAGE

ハラスメントについて

 大津のイジメ事件・中学生自殺の判決が出た。  イジメ側は、遊びの延長説で対抗したが、イジメと自殺の因果関係を法廷が認めた。そもそもイジメ側が遊びのつもりでも、被害者はそのような気持ちにな...

NO IMAGE

馴れ合い記者会見

 官房長官記者会見で質問する東京新聞記者に、会見を仕切る報道室長が頻繁に「簡潔に」など質問を妨害するような態度を示し、質問内容について、事実を問いただしているのに、事実誤認などの難癖をつけた...

NO IMAGE

政治的偽装工作

 沖縄県民投票は、共同通信意識調査では、辺野古新基地に67.6%が反対の意思表示、賛成は15.8%、どちらでもない13.1%であった。  賛成派(自民)は、「原点は普天間返還」だと主張して...

NO IMAGE

本屋の息子の声を聞く

NO.1290  父たる人は、フランスはアンジェの貧しい靴屋の4番目の子で、文字を知らなかった。20歳ごろシャルル10世の近衛連隊に入ったのを機に、ひたすら学んだ。4年後パリ7月革命(18...

NO IMAGE

辺野古新基地に反対する

 読売は本日の社説に、沖縄県民投票について「基地問題の混迷を憂慮する」と主張する。  沖縄県民が、普天間基地の危険を解決したいだけではなく、全県に渡る膨大な基地をなんとかせよと主張している...

NO IMAGE

適材適所の伴食大臣

 伴食大臣とは、実権・実力が伴わず、名前だけの大臣をいう。  桜田某の頓馬かつ無礼な発言に、当然ながら新聞各社の社説は、ぼろんちょんにやっつけている。もともと好かれていない内閣の、不適格が...

NO IMAGE

すべての仕事は骨折りである

 レオパレスの33都府県・1,324棟に及ぶ建築基準法違反は、経営者は現場判断だという。状況証拠的には会社の組織的行為にしか見えない。  現場判断とは「手抜き」である。  もし、手抜きだ...