「 2019年 」一覧

NO IMAGE

欧州の未来

 マクロン大統領が、「NATO脳死発言」をしたのが波紋を呼んでいる。  直接的には、10月にトルコがシリア侵攻した際に、米・欧州間の意思疎通を欠いたことだが、マクロン氏が過激な発言をした背...

NO IMAGE

今様の泡まつ候補?

 1970年代、大物議員の春日一幸氏の演説は浪曲調で面白かった。たとえば、「候補者は吠え、妻は泣く~」「理屈はあとから貨車に積む~」という調子で、当時もすでに極めつけ古いタッチなのであるが、...

NO IMAGE

英国内部分断の危惧?

 フィナンシャルタイムズのライオネル・バーバー編集長がBrexit問題について書いた記事が興味深い。  一言でいえば、ジョンソン氏は「欲ボケ」だという。EU離脱して英国経済を盛り立てようと...

NO IMAGE

Brino

 イギリスは下院総選挙活動に入った。ところで、  議長を10月末引退したバーコウ氏が外国人特派員向け記者会見でおこなった発言が興味を引く。いわく「EU離脱はイギリス外交上の過ちで、議会は今...

NO IMAGE

イギリスの誤算

2016年の国民投票で僅差でのEU離脱が決まったとき、イギリス政府は比較的容易に離脱できると考えていたみたいである。  当時、話題になっていたのは「手切れ金」の金額で、あたかもこれをいかに...

NO IMAGE

イギリス下院の議長

 イギリス下院議長が、10年にわたった議長であったジョー・バーコウ氏の退任に伴って、サー・リンジー・ホイル氏(労働党出身)に替わった。  バーコウ氏は共和党出身であったが、「ヒラ議員を守る...

NO IMAGE

無風流すぎるトランプ流

 アメリカはパリ協定の離脱を通告した。  トランプ流を短くいえば「破壊」である。創造するには破壊しなければならないが、困ったことに何を創造したいのかさっぱりわからない。  トランプ流は幼...

NO IMAGE

大学教育について考えた

NO.1327  11月1日、萩生田文科相は、英語の大学入学試験を民間業者による7種類から選んで受験する新たな方法について、来年度からの導入を止めて再検討することを発表した。  11月1...

NO IMAGE

琉球文化の神髄は健在だ

 首里城が燃えたのは残念無念である。  琉球文化の神髄が失われたという修飾語が目立つ。わたしはそうは思わない。いかに技芸を施し、精緻にして巧妙に仕上げられたにしても、建築物は人々の精神が生...

NO IMAGE

凧なる政治家

 世界は動く。戦火は止まず、何が大戦争の引き金になるか予想もつかない。せめて人知を集めて、誰もが精一杯に生を全うできるように、社会生活に貢献するのが政治家の勤めである。これ、社会通念であろう...