「 日々道楽 」一覧

NO IMAGE

疲労困憊か

 本日の読売社説は、「新型コロナ対策 感染抑止へ国は責務を果たせ」と主張する。昔の野球ファンのなかには、ごひいきチームがドジして敗けると、空き缶など投げるのがいた。社説の中身は格別掘り下げた...

NO IMAGE

反科学の気風

 米国国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長宅へ、殺害の脅迫状が届いていたそうだ。家族も含めて容易ならざる動揺があっただろうが、氏は、科学者らしいコメントをした。  いわく、「わが国には...

NO IMAGE

ないない尽くし

 動画アプリTikTokの米国内営業を認めない決定を出すとしていたトランプ氏が、マイクロソフトなどの買収が実現すれば営業を容認するという。米国事業の全株売却が条件とされているが、9月中旬目途...

NO IMAGE

永田町怪談

 自民党は直ちに国会を開催する気がないらしい。三十六計、逃げるに如かずなのであろう。これ、政府与党の得意技だ。これしかない。  いま、人々の視線は厳しい。公開の論戦に出れば、サンドバックに...

NO IMAGE

日米はダメ政治家の見本であるか

 1864年7~8月、アメリカは内乱の真っただ中だった。北軍総帥グラント将軍と南軍リー将軍の戦闘は互角、両軍共に莫大な戦死者を出していた。奴隷解放政策によって連邦軍兵士の命が失われるという批...

NO IMAGE

悪夢は消えず

 予想されていたことだが、トランプ氏が大統領選延期をツイートした。大統領選の11月3日投票は法定であるから簡単に変更できないが、これは、時間稼ぎ作戦である。劣勢にだいぶ焦っている。  4月...

NO IMAGE

直ちに臨時国会を開け

 ただいま政界は自粛中! である。コロナウイルス対策がちぐはぐというよりも拱手傍観打つ手なしの観だ。  いまやるべきは、現状認識を共有して、可能性のある手立てを相談することだ。「わたしの責...

NO IMAGE

奇妙な心もち

 1941年12月8日に大東亜戦争開始したが、景気が良かったのは最初の奇襲攻撃だけで、あとは苦戦の連続。翌年6月にはミッドウェー海戦で惨敗、8月には米軍がガダルカナル島に上陸、9月にはソロモ...

NO IMAGE

マッカーシーの末路に近似

 米国と中国の総領事館閉鎖合戦! の引き金は、大統領選でジリ貧になったトランプ陣営の国内向け巻き返し作戦であることは疑いない。  中国は対米外交において、自分のほうから喧嘩作戦に出ることは...

NO IMAGE

底を打つ!

 米国の各種調査機関によると、アメリカが「光り輝く丘の町」だと考えている人は17%、自分が「Very Happy」な人は14%、「政府の政策を信頼している」人は17%だそうである。  トラ...