「 日々道楽 」一覧

NO IMAGE

馴れ合い記者会見

 官房長官記者会見で質問する東京新聞記者に、会見を仕切る報道室長が頻繁に「簡潔に」など質問を妨害するような態度を示し、質問内容について、事実を問いただしているのに、事実誤認などの難癖をつけた...

NO IMAGE

政治的偽装工作

 沖縄県民投票は、共同通信意識調査では、辺野古新基地に67.6%が反対の意思表示、賛成は15.8%、どちらでもない13.1%であった。  賛成派(自民)は、「原点は普天間返還」だと主張して...

NO IMAGE

辺野古新基地に反対する

 読売は本日の社説に、沖縄県民投票について「基地問題の混迷を憂慮する」と主張する。  沖縄県民が、普天間基地の危険を解決したいだけではなく、全県に渡る膨大な基地をなんとかせよと主張している...

NO IMAGE

適材適所の伴食大臣

 伴食大臣とは、実権・実力が伴わず、名前だけの大臣をいう。  桜田某の頓馬かつ無礼な発言に、当然ながら新聞各社の社説は、ぼろんちょんにやっつけている。もともと好かれていない内閣の、不適格が...

NO IMAGE

すべての仕事は骨折りである

 レオパレスの33都府県・1,324棟に及ぶ建築基準法違反は、経営者は現場判断だという。状況証拠的には会社の組織的行為にしか見えない。  現場判断とは「手抜き」である。  もし、手抜きだ...

NO IMAGE

嘘と長期政権

 長期政権はよろしくない。  1964年11月9日から1972年7月7日まで、首相は佐藤栄作氏であった。人事の佐藤といわれ、いかにも官僚出身者らしい手堅さで、政府・党の人事を掌握したが、氏...

NO IMAGE

演説

 選挙はデモクラシーの原則的第一歩の活動である。  候補者が演説で熱くなるのは当然であるが、ために耳障りのよろしい言葉の羅列になって、中身空疎になるのはよろしくない。  文献でしかわから...

NO IMAGE

安定感なき安倍外交

 外交における要諦は「確固不動の精神」である。すべての責任は政府にある。これは、外交官として活躍したカリエール(1645~1717 仏)『外交談判法』(1716)の核心だ。  彼が活躍した...

NO IMAGE

一般狂書?

 「最も高い頂、最も明るい星をめざそう」、トランプ氏の一般教書演説だ。  アフガンとイラクの戦争で、米国は2000年から19年間に戦費7兆ドルを使ったという。米兵7,000人が死亡した。 ...

NO IMAGE

衆愚政治家の意味

 麻生氏の発言は本音だから、失言ではない。自分の思っていることをそのまま口にするのは、内容は別として、むしろ正直である。  だから、不愉快に感じた人があるとすれば、というような修飾語をつけ...