「 日々道楽 」一覧

NO IMAGE

宣戦布告なき戦争

 朝日社説(1/6)「米イラン緊迫 報復の連鎖を避けよ」を読んで考えた。社説の指摘はその通りである。  しかし、よく考えてみれば、すでに米イランは戦争している。宣戦布告なき戦争である。経済...

NO IMAGE

中東情勢の危惧

 イランのソレイマニ司令官の殺害は特殊部隊の手法らしく、ならば実行したのはイスラエルではないかという観測もできる。  というのは、イランはなんとか現状打開の方策はないかとして、先月、役に立...

NO IMAGE

今年の課題は勉強

 某氏からの年賀状に「次から次へと問題が出るのはどうしたことでしょう。今の政治家や企業・官僚のトップには正しい生き方という考えがないのでしょうか」と書かれていた。多分、どなたさまも共感される...

NO IMAGE

逃走事件のこれから

 やはり、ゴーン氏の脱走劇は衝撃である。  直ぐに1973年8月8日の金大中事件を想起した。こちらは、韓国KCIAが、東京のホテル・グランドパレスから金大中氏(1925~2009)を拉致し...

NO IMAGE

年の瀬や天翔けて行く人ゴーン

 ゴーン氏が、自家用ジェット機で、レバノンのベイルートへ到着したという報道には驚いた。検察と話し合いがついていたのかどうか、パスポートはどうしたのか。目下は不明である。単独で逃避行を敢行した...

NO IMAGE

踊るストライキ

 マクロン年金改革に反対するフランス労働組合CGTのストライキやデモに注目している。パリのオペラ座で、ストライキ中の40人ほどのダンサーが『白鳥の湖』を踊って年金改革反対のデモンストレーショ...

NO IMAGE

日本の危ない無定見外交

 二股膏薬、または内股膏薬とは、あっちへくっついたり、こっちへくっついたりするので、無定見・無節操を言う言葉である。二股武士というのもあって、二心を抱く侍をいう。サムライ・ニッポンが大好きな...

NO IMAGE

立憲と国民の合併

 立憲民主党と国民民主党の合併がもたついている。  難産した子どもがすくすく育つという事例は多い。いままでの行きがかりによる不信感や、性格の好き嫌いからくる気分もあろう。もたつくこと自体は...

NO IMAGE

机の虫の師走

 年の瀬、議員の逮捕や郵政グループ3社長の辞任や、辺野古埋め立てがさらに10年以上かかるなどのニュースが新聞紙面をにぎわし、まことにせわしない。師走の名にふさわしいことではある。  考えて...

NO IMAGE

日韓問題解決は日本が動くべき

 日韓首脳会談がひさしぶりに実現して、今朝の全国紙と東京新聞はいずれも社説に日韓問題を掲げた。  見出しは、朝日「日本と韓国の対立 最悪を抜け出すために」、読売「日韓首脳会談 文政権は事態...

NO IMAGE

日本はこのままでいいのか!

 本日の読売社説は、2019回顧・日本として「新しい時代の到来を実感した1年」と書くのであるが、元号が代わっただけで新しい時代の到来を云々するのはとても頼りない、軽薄である。  内外に社会...