「 日々道楽 」一覧

NO IMAGE

金融資本主義の行方

 低金利、貸出不振で地方銀行106行の半分が赤字で苦労している。  苦肉の策としていろいろな手数料を引き上げている。窓口で両替したら324円、硬貨500枚以上で入金すると540円、お客から...

NO IMAGE

商業精神

 カント(1724~1804)の『永遠平和のために』(1795)は、永遠平和が実現可能だという論拠を論証するために書かれた。  そのなかに、「商業精神は戦争と両立できない」という記述がある...

NO IMAGE

ドンペリ

 日欧EPAが発効した。早くもワイン価格を下げたスーパーの報道などあり、楽しみな方々も少なくないだろう。  フランスのシャンパンは、シャンパーニュ地方のものがシャンパンで、その他はヴァン・...

NO IMAGE

形式は外部でも、意識は内部

 統計不正問題への批判が集中している。  読売は本日「信頼回復へ国会は役割果たせ」と社説を書くのだが、ことは行政の問題である。  国会では野党が真っ当な批判をしているが、例によって安部氏...

NO IMAGE

細野くんの徒弟時代

 「政権与党でないと政策を実現できない」という言葉は昔からしばしば顔を出す。そんなことは当たり前である。  しかし、それが絶対的であれば野党の存在理由はゼロだ。  なぜ野党が必要なのか。...

NO IMAGE

漂う日本丸

 政府を代表する首相によってなされる通常国会冒頭の施政方針演説は、国の在り方の現状を顧みて総括し、世界の状況を大きく分析し、ゆえに、今後はこのような針路を進もうではないかという、国民に対する...

NO IMAGE

トランプ政権の曲がり角?

 本当は言わなかったらしいが、いかにもありそうな話が、フランス革命の際、食料に難儀して宮殿に押し掛けてきた民衆に対して、王妃マリー・アントワネットが「パンがなければお菓子をお食べ」と言った話...

NO IMAGE

露骨の文化?

 外国人労働者が昨年10月時点で、146万人を超えた。その10年前は49万人であったから、ほぼ3倍に増加した。  外国人技能実習生の処遇が取り沙汰されているが、三菱自動車では溶接作業のはず...

NO IMAGE

日韓防衛摩擦が意味すること

 日韓防衛問題の混乱が続く。  大きな背景には、依然として日韓関係は1945年までの両国関係のしこりが残っていることだ。  政治家が国民感情を無視できないのが当然だと考えれば、日本が文大...

NO IMAGE

これを組織的隠蔽と言うのである

 毎月勤労統計不正について厚労省の特別監査委員会が報告書を発表した。  いわく、担当者が不正を認識しつつ踏襲していた。不正手続きを容認する事務取扱要領は部長が決済した。局長級は報告を受けて...