「 週刊RO通信 」一覧

NO IMAGE

賢くない政府の消費態度

NO.1295  ワイズ・スペンディング(賢い消費)という言葉が登場してひさしい。何をもって賢いというか。ちょっと考えるとなれば面白いけれども、なかなか難しい。これもまた百人百様の嗜好性が...

NO IMAGE

いかに働くべきかを考えたい

NO.1294  機械工場の班長で、人格、技量ともに優れて、人望のある先輩がおられた。先輩は50代半ば、わたしは22、23歳であったか。たまたま春闘時期だったと思うが、先輩が入社して以来の...

NO IMAGE

知とことば

NO.1292  世の中はことばが氾濫している。ことばあってこその世の中である。ことばが大切に扱われているだろうか? ことばは何ごとかの意味を表現するものである。ことばの信頼が失われるなら...

NO IMAGE

本屋の息子の声を聞く

NO.1290  父たる人は、フランスはアンジェの貧しい靴屋の4番目の子で、文字を知らなかった。20歳ごろシャルル10世の近衛連隊に入ったのを機に、ひたすら学んだ。4年後パリ7月革命(18...

NO IMAGE

労働の価値について

NO.1289  イブが蛇にそそのかされて、アダム共々リンゴを食べた。リンゴは分別や知恵であった。神が食べてはならぬと命じたことをなしたので2人は楽園を放逐された。人間は贖罪のために働く。...