「 週刊RO通信 」一覧

「考える葦」として考える

「考える葦」として考える

NO.1378  コロナ騒動下であるが、戦争を体験せず今日まで生きてきた。かつては交通戦争があり、いまも受験戦争があり、企業競争、生存競争------生きることは厳しいけれども、内紛・内乱...

海部宣男先生の遺稿

海部宣男先生の遺稿

NO.1376   海部宣男先生(1943~2019)は、日本の天文学を大きく開拓し、発展させた学者である。1966年大学院生時代から、わが国初の先端大型望遠鏡である長野県野辺山の口径45...

菅的民主思想の鍋底を見た

菅的民主思想の鍋底を見た

NO.1375  「国民のために働く内閣」という飾らない命名をする人柄だとか、現実主義者で自分の仕事に執着する真面目さだとか、他人の提案を聞いて仕事を進める耳を持つとか、常識をしばしば疑わ...