「 日々道楽 」一覧

NO IMAGE

hung parliamentこそ正常

 イギリス下院選挙にメイ首相が踏み切ったのは、EU離脱交渉において国内の明確な主導権を握る狙いであった。にもかかわらず、めざすはハード・ブレグジッドだという抽象的な方針以外に煮詰まった感じは...

NO IMAGE

国民と権力

 イギリス選挙戦開始当時は保守党の圧勝を予想する見解が多かったが、保守党は大挙議席を失い、過半数を獲得できず。EU離脱への采配を大胆に揮うというメイ首相の目論みが外れた。  一方、労働党は...

NO IMAGE

クリンチ

 ロイターによると、トランプ氏の代理人が優秀な弁護人を探している。  それについて、ある弁護士が「優秀な弁護士は、クライアントの依頼理由を評価する際、道徳的な判断を下さない」とコメントした...

NO IMAGE

恥を知らない

 政府や与党が------といっても、たまたま議会で答弁する立場にある諸君であるが------質問に対し真摯・率直に回答しない。  これは人間性としては、彼らが、自己の意見の無謬性を仮定し...

NO IMAGE

壊れた——

壊れたテープレコーダーという言葉があった。  同じところを何遍も繰り返す。安倍氏の「印象操作」とよく似ている。と、思っていたら昨日などは答弁拒否だ。まさに壊れている。  これは非...

NO IMAGE

共謀罪法案はダメだ

 国連の国際組織犯罪防止条約は「テロを条約から除外している」と、条約を作成したニコス・パッサス氏のインタビューが掲載された。  これは、東京新聞の大ヒット! 拍手。  なぜ組織犯罪からテ...

NO IMAGE

重箱の隅をつつくみたいだが

 トランプ氏がパリ協定から抜けるというのに対してアメリカでは抗議が起こっている。  それについて、東京新聞記者が、「トランプ氏のような指導者を生んでも、愚挙はさせないように米国の民主主義は...

NO IMAGE

逆走

 またまた問題児のトランプが問題を作った。「パリ協定」離脱だという。  「わたしたちの経済に害」というが、正しくは「環境に対して経済が害」というべきであって、そもそも論理が逆転している...

NO IMAGE

吟味力

 fake newsが横行する事態に対していかに対応するか?  従来、既存メディアがmediacracyと称されるような事情で安逸をむさぼっていたという指摘は外れではなかろう。 ...

NO IMAGE

情報操作?

 G7で安倍首相と10分間ほどの会談で、国連グテレス事務総長が、昨年末の日韓合意につき賛意を示し歓迎した。さらに、国連特別報告者ケナタッチ氏の報告は国連の総意を反映せずと語った。  これは...

NO IMAGE

七五調

 松川事件(1949)で、検察のインチキを見破って全員無罪を勝ち取った中心人物は作家・広津和郎さん(1891~1968)である。  広津さんは「七五調は嫌いだ」と言われた。わたしは、こ...