「 日々道楽 」一覧

NO IMAGE

威張る輩には

 1970年代、23歳だったか。わたしは電機の組合役員。地域の労働組合の役員も兼ね、市に労働会館建設を働きかけていた。  古参市議を座長として委員会を作り、すでに労働会館を建設していた高松...

NO IMAGE

どんぐり議会

 都民ファースト大勝利の最大の意義は、なんといっても自民党に痛撃をお見舞いしたことにある。それはそれとして------  選挙は「勝てば官軍」だが、自民党に代わった都民ファーストが、自民党...

NO IMAGE

新聞的ポピュリズム

 7月の国連安保理事会は中国の国連大使・劉結一氏が議長らしい。  3日の記者会見で、氏は、① 北朝鮮はこのままでは遅かれ早かれ制御不能になる。だから、② 北朝鮮の核・ミサイル開発と米韓の軍...

NO IMAGE

連中の狙い

 まあ、内外にバカなことを喋ったり、行動したりの政治家が引きも切らず。  大統領が罵詈雑言をぶつけるのは常識をはるかに超えている。他人事みたいな反省の言葉を語る首相を信用する人は多くはない...

NO IMAGE

平常心

 昨日は都議選運動最終日。  安倍氏が秋葉原で演説した際、野次が飛んで、氏はそれに対して「野次から建設的な政治が生まれない」とかなんとか言い返したそうだが、自分が議会で野次首相やっているの...

NO IMAGE

イギリスの政治動向

 イギリス政界が混迷しているらしい。メイ内閣と与党の保守党が一枚岩とはいかない。ブレグジット戦略でまとまりにくい。 能力はないが(と、ジャーナリストは辛辣だ)、野心だけはますます磨きがかか...

NO IMAGE

これまた、性質がよろしくない

 こういう文章が、いい加減な世論誘導をしかねない。  本日(6/30)の日経社説。見出しは「イロハのイがわかっていない」。防衛大臣・稲田女史の選挙応援演説に関するものだ。  本文でも、司...

NO IMAGE

魔力

 権力というものは――争点Xについて、Aが命じなかったからBがしないであろうことを、AがBにさせうる能力である。  もっと単純化すれば、他者に他者がしたくないことをさせる力である。  自...

NO IMAGE

都議会議員選挙

 駅前なので、しばしば都議会議員候補者と応援団の演説を聞く機会がある。  ------というか、聞きたくなくても聞こえる。聞きたくなくてもというと、いかにも有権者として不埒に聞こえるだろう...

NO IMAGE

少し異なる視点?

 自分の発言や行動について、反省が一切できない人物が、政界の頂点に立ち続けると、どんな国になるだろうか?  おちゃらけを言うのではない。  スピノザ(1632~1677)は言いました。 ...

NO IMAGE

責任

 1946年9月30日、ニュルンベルク法廷で、第二次世界大戦におけるドイツの主要戦争犯罪人に対する判決が出された。裁判自体に関するさまざまな主張があるが、それは横へ置く。  わたしが強い刺...