「 日々道楽 」一覧

ASEANを見習え

ASEANを見習え

 24日、ジャカルタでのASEAN臨時首脳会議は、ミャンマー国軍司令官のフライン氏を招いて開催された。ミャンマーについて、暴力即時停止・すべての関係者による建設的対話開始・ASEANによる調...

自民惨敗ではあるが

自民惨敗ではあるが

 参議院広島選挙区再選挙、長野選挙区・衆議院議員北海道2区補欠選挙、いずれも立憲を中心とする野党が勝利した。北海道では、自民党は候補者を立てられなかった。広島・北海道の争点は政治とカネという...

新常態?

新常態?

 「新常態ってどういう意味ですか?」  「緊急事態宣言が何度でも発せられる状態です」  「それでは緊急事態宣言のマンネリズムじゃないですか」  「1941年12月8日の真珠湾攻撃で太平...

こういう時代だから?

こういう時代だから?

 「こういう時代だからこそ、アスリートやスポーツが与えてくれる感動が求められている」という気分は、少なくないのかもしれない。  大変な病を克服して復活したアスリートの姿には感動する。スポー...

じっくり話し合えないのか!

じっくり話し合えないのか!

 今朝の朝日新聞読者投稿欄の記事である。――スーパーで、杖を使っている高齢男性が立てかけておいた杖が倒れたので、女子高生が気を利かして拾いあげようとしたら、男性が「触るな!」と大声を出した。...

賢明な選択 五輪・パラ輪の中止

賢明な選択 五輪・パラ輪の中止

 五輪・パラ輪まで100日、コロナ感染拡大に加えて、ワクチン接種も480万人いる医療関係者ですら、まだ2割に届かない。  全都道府県でほぼ連日感染者が増大しており、緊急事態宣言を発しても順...

コロナ航海の日常

コロナ航海の日常

 ヘイエルダール(1914~2002)は、ノルウェーの人類学者・探検家である。インカ文明とポリネシア文明がよく似ているので、南米からポリネシアへの文化伝播を立証するために、1947年に筏船コ...

慣れの恐さ

慣れの恐さ

 世界のコロナ感染(発病)者は1億4千万人超、死亡は300万人を超えた。ワクチン接種が本格化しているが、まだ、霊験あらたかと喜ぶ段階ではない。  日本は、感染者が53万5千人超、死亡が9千...

ASEANの特別首脳会議

ASEANの特別首脳会議

 次の土曜日24日に、インドネシアでASEANの特別首脳会議を開催することが決まったらしい。ミャンマーの国軍による武力弾圧停止と人道支援を受け入れるようにするのが狙いで、国軍のフライン氏が出...

終戦・転進の前例がある

終戦・転進の前例がある

 二階氏がコロナ次第で五輪中止があり得ることに言及したのは、従来の絶対貫徹の階段を1つ降りたことになる。事態を見ていれば、なんら不思議な発言ではない。遅すぎるのは否定できないが、中止の露払い...

エエカッコシイ

エエカッコシイ

 わかっているポーズをとるのは、見栄っ張りである人間の悪しき性癖だ。  大阪言葉では、エエカッコシイという。自分をよく見てもらうために人前で言葉や行動に恰好をつける。大阪府知事の吉村氏がそ...

頭が頭--だからであろうか?

頭が頭--だからであろうか?

 2016年7月26日津久井やまゆり園事件の、被害者ご遺族が、パラリンピック聖火の採火を、やまゆり園再建予定地でおこなうことに異議申し立てをされた。ご遺族は、採火の決定に驚き、違和感があった...