「 週刊RO通信 」一覧

場当たり的軍拡論に異論あり

場当たり的軍拡論に異論あり

NO.1458  ロシアによるウクライナ戦争が始まってから、危機的状況だから軍備拡大、仮想敵国への対抗的軍事戦略を強化しなければならないという調子の発言が増えている。他所が火事だから、当方...

政治家は「理性」を取り戻せ

政治家は「理性」を取り戻せ

NO.1454  プーチンは、攻略目標をドンバス地方に絞って、形を作り、第二次世界大戦における対独戦勝記念日である5月9日に、勝利宣言を発するという観測が出ている。しかし、勝利というにはみ...

「悪意」が支配する世界

「悪意」が支配する世界

NO.1453  日常の政治や外交問題は、よほど問題意識をもっている人をのぞけば、時々刻々めまぐるしく変化する事態を知っても、発生した問題の原因や経緯が顧みられない。そこへきて、戦争という...

ポピュリズム政治の末路

ポピュリズム政治の末路

NO.1451  バイデン氏は、プーチン氏を、「戦争犯罪者」「殺人的な独裁者」「悪漢」と罵倒した。プーチン氏が、ウクライナでおこなっていることは、そのような最大級(?)の罵詈雑言をもってし...

野党は誇り高くあれ

野党は誇り高くあれ

NO.1449  国民民主党の玉木氏が孤軍奮闘、人々の支持が高まるように苦心していると思われる。少党派とはいえ、党内には人物・政見が他を圧する人物がおられるはずである。結党は、鶏口となるも...