「 2024年05月 」一覧

戦争を目的化する無頼漢

戦争を目的化する無頼漢

筆者 奥井禮喜(おくい・れいき)  バイデン氏が、イスラエルがラファで大規模な地上作戦を開始するならば、イスラエルに対する武器供与の一部停止をすると警告した。  アメリカがラファ侵攻を支...

空疎な常套語

空疎な常套語

筆者 奥井禮喜(おくい・れいき)  水俣病犠牲者慰霊式のあとの被災者団体代表との懇談会で、環境省職員が被災者団体の人の発言中にマイクのスイッチを切った事件は、環境省の存在理由を自己否定する...

イスラエルは手詰まり

イスラエルは手詰まり

筆者 奥井禮喜(おくい・れいき)  朝日新聞に7日パレスチナ弁護士ラジ・スラーニ氏、8日は元イスラエル諜報機関シンベト長官アミ・アヤロン氏のインタビューが掲載された。  スラーニ氏は、イ...

イスラエルへの弾薬供給停止

イスラエルへの弾薬供給停止

筆者 奥井禮喜(おくい・れいき)  アメリカ・ニュースサイトのアクシオスが、5月5日、先週バイデン政権がイスラエルへの弾薬供給をはじめて停止したと報じた。  バイデン政権には、イスラエル...

全体主義の危険性

全体主義の危険性

NO.1561  戦後79年、日本人は全体主義の呪縛から脱出できたのだろうか。敗戦までの全体主義を知らない人がすでにほとんどである。懐かしむ(?)にしても、嫌悪するにしても、全体主義時代を...

なにも考えていない

なにも考えていない

筆者 奥井禮喜(おくい・れいき)  ハンナ・アーレント(1906~1975)の言葉をもう一つ紹介する。著作『精神の生活』にある。  彼女が、1961年アイヒマン裁判を傍聴したときの苦い感...

憲法は全体主義を排す

憲法は全体主義を排す

筆者 奥井禮喜(おくい・れいき)  本日は憲法記念日であるから、新聞などには関連する記事がいろいろさまざま提供されている。  憲法改正論議といえば、第9条に注目が集まりやすい。国として戦...

スチューデントパワー

スチューデントパワー

筆者 奥井禮喜(おくい・れいき)  イスラエルのパレスチナ攻撃に抗議し、アメリカのイスラエル支援に反対する学生運動が盛り上がっている。  コロンビア大学、イエール大学、ニューヨーク大学、...

カンダタの岸田

カンダタの岸田

筆者 奥井禮喜(おくい・れいき)  新聞は結構なスペースを使って自民党を巡る政局を論ずるが、中身は格別新しいものでもなく、まして確たる事実でもない。思うに、政局が混沌としていて、なにか塊が...