日々道楽

もともと日本人は勤勉ではない

 日経社説(1/6)「いつの間にか『仕事熱心』をやめた日本人」は、「熱心・積極的に働く人」が6%しかいない。ギャラップ調査139カ国中、日本が132番目だという。

 驚くような内容ではない。1990年代から日本企業の組織文化が劣化したことを示しているに過ぎない。日経は経営者ばかり向いているから現場で働く人が視野に入っていない。まあ、それはともかく——

 そもそも日本人勤勉論なんてものは裏付けがない。日本人が生来勤勉なのではなく、職場の文化がそのようにさせていたのである。

 昨今のように、要領よく仕事していれば無難、逆になにか本気で主張しようものならスポイルされるような職場で、本気で熱意をもって積極的にやる人が減っているのは当たり前だ。

 中身のない形式ばかり整えているからこんな結果になる。