日々道楽

教育の質?

 読売新聞社説(11/11)までもが、加計学園獣医学部の「教育の質」確保について一文を呈す。

 もちろん、狙いはカケ蕎麦食い逃げ問題ばかり追求するな――ということにあるにしても、実際、当初から教育の質は問題視されていた。

 教員を集められるところからかき集めた。年配者が多いし、頭数合わせの傾向は否めない。

 新しいライフサイエンスを云々するが、それを裏づけるものがない。

 教育第一の学校ではなく、利益第一の経営が気がかりだ。