日々道楽

両横綱の取り組み

 まさに中国外交の巧みさを、わたしは感じた。

 外信などの写真はいずれも習氏がにこやか(にんまり?)なのに対して、トランプ氏のブスッとした表情が対照的だ。

 商売面では、2,500億ドル(28.4兆円)の商談成立だから、まあ、トランプ氏も文句はなかろう。

 北朝鮮問題では、少なくとも表面は穏当であった。なおかつ、トランプ氏は中国の最近の協力に感謝も述べた。

 さらにトランプ氏が一帯一路の協力や、一つの中国を表明したのだから、習氏が「歴史的訪問が成功」したと自賛したのも当然だ。

 蛇足だが、トランプ氏の日韓に対する余裕や上から視線? と比較すれば著しい違いを感じる。大国同士の外交である。