日々道楽

偉大なる首脳会談の成果

 トランプ氏はゴルフ場では「仕事の話ばかりしていた」と語ったが、「公式の記録に残さない仕事の話」というのは、日米いずれの国民に対しても大問題である。遊びながら仕事するのはよろしくない。

 韓米首脳会談では両国の見解不一致が目立ったとして、たとえば朝日は現地記者の記事で「日米韓の足並みの乱れは北朝鮮が得するのみ」と締めくくった。

 しかし、韓国が主張しているのは「足並み揃えて軍事行動しない」というのであって、対話のための制裁は足並み揃えている。

 そもそも、日米は蜜月で、A・Tがぴったり息を揃えたというけれども、圧力路線を再確認しただけで、それが奏功しなければどうするのか?

 実は、その次の展望はなにもない。つまり、呼吸がぴったり揃ったといっても、本当のところは「手詰まり」で一致しているに過ぎない。

 日米韓首脳会談の総括をすれば——そして、なにも変わらなかった。