日々道楽

つれづれに

 内外メディアは、劉暁波氏が海葬されたのが、民主化運動の聖地にされないためだという論評が多い。

 なるほど物理的にはそうであっても、理想や思想は1人ひとりの内面にある。

 わが国では、野党の非力を嘆く声が強いが、これまた、いわば他力依存の典型的主張だ。性根を入れてデモクラット道を見つめている人にとっては、そんな嘆き節など不要である。

 なんとなれば、非力な野党を生み出したのが1人ひとりの判断だったとすれば、怪しからん与党を抑え込んでいくのも1人ひとりのはずだ。