日々道楽

悪循環

 善政は少なく、悪政が長い。もちろん、善男善女はそんなことを願わない。

 なぜ、そうなのか? 善政は政治家が「善政を志向し、かつ推進する能力」を有する。ところがどっこい、古今東西、このような人物はレアケースである。

 なぜ悪政が長いのか? 嫌なもの・ことを見たくないのは人の常。悪政ほど、人々は政治に背中を向けて、個人的な安心・立命の境地へ向かう。

 悪政が軌道に乗る! と、やがては社会秩序が乱れる。すると、人々はなんでもよろしいから秩序回復を願う。

 悪政の張本人は、秩序回復と称してますます強権化し、悪政道をひた走る。

 日本を、そんな沼地に落とさないようにしなくては——