「 2017年10月 」一覧

NO IMAGE

選挙だけでは決められない

 選挙では、いつも報道などが「政策を語れ」「政策論争せよ」と主張する。  それはその通りであるが、2つに1つの選択をするというようなケースは少ないから、正しくは、大切な問題に関して、「いか...

NO IMAGE

政局屋に奮起を促す

 目下の選挙情勢の原因は、なんといっても小池氏が、民進党の解党・合流に水をさしたからである。  一強政治だから、安倍氏はじめ自民党議員の横暴な政治がまかり通るわけで、それをなんとしても変え...

NO IMAGE

なにごともツボが肝心

 野党が伸びなければ、必然的に与党の議席が維持される。  当初、ふわふわ気分で希望の党の伸張に対する観測があったが、要するに希望の党は小池個人商店で、なおかつ自民党との連携話が登場したから...

NO IMAGE

許しがたい発言

 選挙戦、党首第一声を安倍氏は福島で放った。  「自民が野党であり、民主党政権時代に震災の復興が進まなかった」と吠えたが、これは、いかになんでも言いがかり過ぎる。  当時、国会で震災と関...

NO IMAGE

悪しき秩序?

 西欧でも中世の人々は、王様がバカで乱暴、頓珍漢であっても大概のことは許容した。  逆にいうと、人々の許容範囲が大きい分、王様のバカで乱暴で頓珍漢が拡大する余地が大きい。  なぜそうなの...

NO IMAGE

自分で追い詰める

 昨日、日本記者クラブ主催の党首討論会で、モリ・カケ問題の質問をうけて安倍氏は「李下に冠を正さず」を二度口走った。  この言葉は、よく知られているように文選(古楽府 君子行)の、  ――...

NO IMAGE

財政赤字をどうするんだ!

 安倍政治の目くらまし戦術を典型的に示すのが、2%引き上げる消費税5.6兆円税収分のうち2兆円を教育などの無償化に充当するという公約だ。  そもそも2012年の自公民3党合意で社会保障と税...

NO IMAGE

投票のスケール

 戦後の保守党や自民党の歴史を回顧すると、長期概観的にはわが国の政治を保守路線に維持できればよろしいという方向性である。  さまざまな保守のセクトが押し出す政策の違いは表面的なもので、日本...

NO IMAGE

雨降って地固まる!

 驕る平家は久しからず――少し政治を考える人であれば、安倍氏らの言行・所業が先進国の政治としては「OUT」だと判定する。  そこに小池「希望」へのふわふわした期待があった。  ところが早...

NO IMAGE

真っ当な日本語を話すべし

 昨日、安倍氏はつくば市で、自分たちは「愚直に誠実に訴える」と演説した。  このお方は、本当に日本語がお分かりでない。  愚直でもなく誠実でもないご本人が、愚直かつ誠実に語るということは...