日々道楽

なにごともツボが肝心

 野党が伸びなければ、必然的に与党の議席が維持される。

 当初、ふわふわ気分で希望の党の伸張に対する観測があったが、要するに希望の党は小池個人商店で、なおかつ自民党との連携話が登場したから、仮に自民党が減っても議会勢力の構図は変わらない。

 希望の党の不振は、戦略がぼやけたことと、小池人気の下降にある。策士、策に溺れるという言葉がある。

 本日の朝日社説は、モリ・カケ問題に絞り込んで安倍氏がきちんと説明していないことを改めて指摘した。

 おそらく大方の国民は、いずれの政党支持であろうとも、モリ・カケ問題の本丸が安倍氏にあることは知っているであろう。

 しかし、たとえば自民党支持の人は、だからといって自民党全部が怪しからんとは考えない。

 今回の選挙は、いずれの党であっても、各候補者が単に職業としての政治屋なのか、あるいは本当の政治家なのか――について、国民諸兄の判断が下される。

 投票率が上がるか? これまた、大きな課題だ。候補者諸君は総員奮励努力していただきたい。

 有権者もまた、候補者が語る言葉の意味、主張の中身をよくよく考えて選択していただきたいものであります。