日々道楽

政局屋に奮起を促す

 目下の選挙情勢の原因は、なんといっても小池氏が、民進党の解党・合流に水をさしたからである。

 一強政治だから、安倍氏はじめ自民党議員の横暴な政治がまかり通るわけで、それをなんとしても変えようという提案には、良識をもつ多くの国民の共感を呼ぶ要素があった。

 ところが小池氏が選別を打ち出し、「踏絵」という悪印象の言葉が拡散した。さらには早々自民党との連携話まで登場した。

 一強打破の看板が魅力を失えば、後は従来通りの文脈に戻る。もともと野党が劣勢の隙を突いた解散総選挙だから、与党が幅を効かせるのは当然だ。

 しかし、内閣不支持率は支持率よりも高い。安倍氏に対する信頼感は大きく損なわれているし、飽き飽きしたという人も多い。

 このままいけば、小池氏は政治家としての評価を大きく落とす。所詮、政局屋だというレッテルが貼られる。

 心を入れ替えて! 性根を入れて! 安倍政治の非民主主義を訴えて、この間の信頼低下を挽回するべくやってもらいたい。

 わたしはもともと小池氏の政治思想や姿勢に懸念をもっているけれども、せめて、この程度の提案はしておきたい。