日々道楽

アヒル内閣を宣した読売

 内閣改造、本日の社説で面白かったのは読売新聞である。

 見出しは「安倍再改造内閣 総仕上げへ戦略的に挑め」とあり、本文では「長期政権の総仕上げを視野に入れた布陣だ」と記した。

 社会通念では、安倍内閣はこれでおしまいだということを見出しにし、本文でダメ押しした。

 もちろん全文通して内閣改造を全面的に支持しているのであるが、「もうおしまいだからしっかりやれ」としか読めない。

 後継候補と目される諸氏が目立たないことにも言及した。昔は派閥争いが厳しかったが、党の活力を生んだという指摘もあり、換言すれば、安倍一強の内実は、評価に値せずとも読める。ナベツネ氏であれば、おそらくはこのように語るであろう。

 さらに「安倍政権は終盤に差し掛かっている。今後、自らの手で何を成し遂げ、どのような路線を敷いて次の政権に委ねるのか」と記している。

 読売が安倍内閣のレームダック宣言をしたみたいである。