日々道楽

集団的自衛権は違憲

 丸山某とN国の発言が批判されている。

 本日の毎日新聞は「また『戦争で奪取』 常軌逸する丸山氏とN国」と題する社説で厳しく批判した。いわく、節度と常識がないという。もっともである。

 ただし、彼らのトンチンカンな発言は、社会通念としては限りなく荒唐無稽に近く、低俗なドタバタ喜劇的である。

 2014年7月に、安倍内閣は集団的自衛権行使を容認する閣議決定をした。

 従来内閣法制局は、集団的自衛権は違憲であると一貫した主張をしていた。いわく、「外国が攻撃をうけたとき実力行使する集団的自衛権は日本防衛に必要な最小限度の実力行使といえないから違憲である」

 ところが、安倍流人事で内閣法制局長官を変えて、違憲を合憲と言わせた。

 本来憲法によって行動しなければならない内閣が、堂々と! 憲法違反! をやった。まさしく、節度と常識などなく、常軌を逸する。

 チンピラ議員の発言よりも決定的に危険かつ、重大である。一連の安保法制は廃棄させねばならない。

 これを認めるならば、日本人全体が節度と常識なく、常軌を逸するということになるわけだ。