日々道楽

日本の対北朝鮮外交はいかに

 米朝板門店会談は例によってサプライズであるが、少なくとも平和維持の行動である。武力で恫喝合戦するよりはるかに上等だ。

 新聞は、派手な演出より内実、非核化の進展が大事だという論調が主流である。日韓共に核をもたないから、日韓にとっては当然の主張である。

 しかし、すでに核をもっている国々において核兵器削減・縮小の動きがないことを考え、しかも北朝鮮の非核化を核大国のアメリカにお願いしているのだから、北朝鮮を動かす大義にはならない。

 北朝鮮が非核化に進むための説得力ある提案とは何か。米朝間で、きちんとすり合わせ作業をしてもらわねばならないが、日本も、ポーズだけではなく、北朝鮮と本音の論議をできる段階へ進まねばならない。

 それが独立国の外交というものだ。

 米朝首脳会談は、所詮、幕間狂言である。しかし、入場料を支払わずに注文だけつけても意味はない。