日々道楽

少しは反省してみたら!

「普天間基地の固定化は断じてあってはならない」という意味は、「沖縄基地の固定化」と同義語である。

 先の沖縄県知事選挙で、与党は、玉城候補に対する誹謗中傷の汚れた宣伝をやった。もちろん、人々の意思表示が明確になっても無視している。

 「沖縄に寄り添う」と語っても、なんら誠意を示さない。

 神妙な表情、言葉、態度を示せば示すほど、人々の気持ちを逆なでするのであるから、ヤジが飛ぶのは至極当然である。

 国家、国益、国防の名前にぶら下がる政治家の性根が指弾された。