日々道楽

高井潔司教授の定年最終講義

 5月25日(土)14時半から17時まで、高井潔司桜美林大学教授の定年最終講義を開催する。題して、「私のメディア論」。

 1972年読売新聞記者、99年北海道大学教授、2012年桜美林大学教授の経歴で、一貫して「ジャーナリズムとは何か」を研究・実践してこられた。

 一足お先に、わたしは当日の講義資料を読んだが、まことに面白い。

 ジャーナリズムを通して、人間観・世界観、そしてデモクラシーとは何か、わたしたちはいかに生きるべきかという課題に大きな示唆が与えられる。

 皆さまに聴講されることをお勧めする。詳細は、当ホームページをご覧ください。お申込みは、電話でもメールでも結構です。お早めにどうぞ。