日々道楽

野党共闘体制を急げ

 統一地方選挙が始まり、引き続いて参議院選挙が近づく。

 参議院選挙の野党共闘がのろのろもたもたしている。立憲民主党が野党第一党としての牽引力を発揮していないからだろう。

 統一地方選挙は、各政党がもっとも自党の基本力とし徹底した活動をやらなければならない。立憲民主党が、まず地方選挙を戦い抜いてから、参議院選挙に全力を傾注するという戦術がわからないではない。

 しかし、これは、選挙のみの戦略戦術論である。

 なんとなれば、野党共闘は政党同士が結託すれば実現するというものではない。野党共闘をやろう、野党は一致結束して、自民一党支配と戦え、という国民的世論を起こさなければだめだ。

 地方選挙も野党共闘を盛り上げる流れにしなくてはならない。

 野党共闘が単なる選挙勝利のための野合であれば、国民的世論が盛り上がらない。少しでも早く、参議院選挙での野党共闘体制を構築するべきである。