日々道楽

塗装工スタイル

 世界は劇場、男も女もみな役者――というわけか。奇妙にも、ユーモアを感じたのはわたしだけであったか。

 なぜ塗装工スタイルにしたのか? 

 ペイントを巡る言葉に、watch paint dryというのがあって、ペンキが乾くのを見つめているから「退屈に過ごす」という意味らしい。

 108日間は退屈でもあったろうが、やはり、怒り心頭だろうから、「落書きをペンキで塗りつぶす」(paint out graffiti)という気概を込めたのかもしれない。

 失礼ながら変装に意表を突かれつつ、つまらぬことを考えた。