日々道楽

政治を博打と混同するな

 大阪の知事と市長が、一度否定された大阪都構想を実現すべく、任期中に辞任して、知事・市長が入れ替わって立候補する作戦だという。

 自分たちの政策を実現するために選挙で民意を問うのは当たり前だが、民意が大きく変わったわけでもなく、相変わらず都構想の支持が広がらない事情において選挙戦術をもてあそぶのは、よろしくない。

 選挙で勝ちさえすればなんでもOKという短絡的思想はデモクラシーの精神とは異なる。単なる権力亡者であるというべし。安倍一派と維新は権力亡者たることにおいて共通している。

 選挙をゲーム化する姿勢からはデモクラシーは育たない。政治は博打ではない。もっと丁寧で地道な行為である。政治哲学を勉強し直せ。