日々道楽

ドンペリ

 日欧EPAが発効した。早くもワイン価格を下げたスーパーの報道などあり、楽しみな方々も少なくないだろう。

 フランスのシャンパンは、シャンパーニュ地方のものがシャンパンで、その他はヴァン・ムスー(発泡酒)という。有名なシャンパンにドン・ペリニョンがある。

 これ、18世紀初頭に開発されたらしい。ベネディクト派の修道院の僧ドン・ペリニョン(1638~1715)は、修道院生活のためにせっせとワイン作りに研鑽していた。

 たまたま発酵不十分のワインにコルクの栓をしておいたら、見事発酵して発泡酒に変身したそうだ。で、彼の名前が記念された銘酒として楽しまれている。

 パスツール(1820~1895)は、フランスはジュラ地方アルボアの生まれだが、青年時代、ワインが腐るので皆さんが苦労しているのを見て、腐敗を防ぐ研究を始めた。

 パスツール青年が取り組んだワインは、ヴァン・ジョーニュ(黄色葡萄酒)という。摘み取った葡萄を麦わらマット上で、少し乾燥させて汁を濃くするものらしい。ちょっとシェリーに似ているそうだ。

 パスツールは後に微生物学の開祖と称賛される。

 世界の貿易の発展は平和の進展だ。今晩はワインにしよう。