日々道楽

財界総理の言葉の蘊奥

 「国民が反対するものは作れない」(経団連会長・中西宏明氏)という言葉が妙に新鮮に感じられた。

 この場合、作れない、の主語は企業である。

 企業は消費者が求めるものを作らなければ売られないのだから、当たり前といえば当たり前なのだが、原発は国策というのだから、ここでは国と国民の異なる立場が表面化している。

 辺野古基地も、筋道からいえば「国民が反対するものは作れない」のである。

 これまた国策で押し切るのが政府の作戦であるが、国民が挙って支持し得ない国策は正しくない。

 中西発言が、期してか、期せずしてか、わたしにはわからないが、原発に限らず、無理が通れば道理が引っ込む。為政者が拳々服膺しなければならない大事を、中西発言は示唆している。