日々道楽

議員でない自民党員の見識

 自民党総裁選後に石破氏が「自民党が決して一色でないことを示せた、ありがたい数字(得票)」であったと語った。

 地方票では石破氏が45%得票し、安倍氏と僅差であった。

 まあ、その気持ちはわかる。自由と民主を愛する自民党員並びにシンパの方々もそうであろう。

 少し気になるのは、地方票という表現である。これは国会議員ではない人たちの投票である。

 日本の政党は、(共産党を除くが)すべて議員政党というべきである。

 自民党員の多くはいずれかの議員につながる人たちであろうが、議員の手兵として党員になっている人ばかりではない。

 いや、手兵であっても、自分が押し立てている議員とは異なった意思表示をしたのである。

 このように考えれば、地方票なるものは、多くの国民が安倍一派の国政運営に対して異議申し立て・抗議をしている事情と重なっている。

 石破氏のいう、一色でない自民党は議員政党としての自民党である。たかだか100万人ほどの党員であるが、その方々にして45%の安倍反対が出たことは、安倍一派にとっては、非常に気持ちのよろしくない事態であろう。