日々道楽

価値観がない政治

 昨日、広島で安倍氏が「近年、核軍縮の進め方について各国の考え方の違いが顕在化している」とスピーチした。

 何を言わんとするのか不明。

 そもそも、近年ではなく、従来から、核保有国と非核保有国の考え方は対立している。

 日本政府が、核保有国の米国追従で、核被害国としてのきちんとした意思表示をしていないことも相変わらずだ。

 まことに、わが国の政論はこれという価値観なく、その場限りの何でもアリの相対主義が罷り通っている。