日々道楽

円が買われなくなる?

 トランプ氏が貿易戦争を仕掛けた。証券会社は、貿易戦争のリスクについて深刻な分析をしている模様だ。

 この事態において、海外エコノミストは「なぜ円が上昇しないのか」を注目している。

 GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の短期資産保有残高が、この3月末1,250億ドル(13.7兆円)に達した。GPIFの積極的な外国株購入が目立っている。この動きが、従来、円を引き下げ圧力を長引かせていると分析されていた。

 しかし、それだけではないという分析がある。

 円が上昇しないのは、貿易戦争のようなリスクの時代には安全な避難先でないと、市場が判断したかもしれないというのだ。

 海外のファンドが、円買いをしなくなるとすれば、円安を喜んでいる場合ではなくなるが、関係当局はどう考えているのであろうか。