日々道楽

オツム空っぽ

 自民党的参院選挙制度改革について、本日、読売社説は「弥縫策で改革の名に値しない」と書いた。ここまではよろしい。

 後半は、与野党の責任だとして、相対的に自民党の責任を薄める。わたしは、読売のこういう書きっぷりが嫌いだ。

 自民党には警世の人がいない。

 選挙制度をどこかの党の都合に合わせるなんてことは、政治的後進国の所業である。この程度の理屈を弁えた政治家が自民党にはいないらしい。

 読売は、野党にかたじけなくも責任を分け与えてくれたが、ことの本質からすると、野党ではなく、これは全面的に自民党の責任である。

 巨大与党というものは、何でも好きなようにやれる。しかし、警世の人は、踏み越えてはならないもの・ことを知っている。

 巨大政党は、小さかったときよりも、より慎重になるのが真っ当なのである。なんとなれば、悪気がなくても(自民に悪気がないとは思わないが)、専制政治に踏み込んでしまったら政治の大汚点だからである。

 「皆で渡れば怖くない」の低次元の連中しかいない。何をかいわんや。