日々道楽

会期延長に意味があるか!

 延長国会で審議しなければならない重要法案があるのだろうか。厚化粧を落としてみれば貧弱な内容や、反対が多い法案ばかりである。

 本日読売社説は、延長国会は「建設的な論議で役割を果たせ」と掲げる。

 1年以上にわたって安倍氏は疑惑に正面から答えないが、かくも長く野党の追及に付き合わざるを得ないこと自体が、安倍氏が白ではないことの証明だ。

 こんな手合いを相手として建設的論議が可能であろうか。しかも大方の論議は消化試合で、与党が野党の問題指摘に本気で答えない。

 本気の審議をやるためには、自民党がまず内部で安倍氏に責任ある答弁をするように統御せねばならない。

 糸が切れた凧に忠誠心ごっこする与党議員諸君の見識を疑う。