日々道楽

非核化は長期にわたる取り組みである

 トランプ氏が「非核化はプロセスの始まりであり、時間をかけても構わない」と語ったのは、従来の「完全で検証可能かつ不可逆に非核化」より後退したものだという報道が見られる。

 しかし、これは後退ではなく、いわば新しい段階に入ったと考えられる。

 スタンフォード大学の専門家らが、非核化の工程表を発表した。(5/28)

 それによると、核兵器・ミサイル・核燃料再処理施設などについて、計画や活動は1年以内に停止できるが、実際、完全に廃止するには6~10年必要だというのである。素人にも理解できる流れだ。

 だから、6月12日の米朝会談で「非核化の合意」が成立しても長期にわたる取り組みが必要なのである。

 トランプ氏の「非核化はプロセスの始まり」云々は、「非核化の合意」の次のステップに言及したものであると考えれば、後退したとは言えない。