日々道楽

悪い奴ほどよく眠る

 仕事が佳境に入ってきたからか、わたしは最近、睡眠が浅い。気分は高揚しているからよろしいのだが、やはり、ぐっすり眠りたい。

 映画『悪い奴ほどよく眠る』を思い出した。1960年、黒澤プロ独立初作品で三船敏郎が主演の悪玉だった。悪玉は自分が表に出るようなことはせず、裏でのうのうと生き残るというのが、あらすじである。

 愛媛県地域政策課の文書(2015.3)が発表されて、2015年2月15日に安倍・加計面談があり、安倍氏が「新しい獣医大学の考えはいいね」と語ったと記されている。

 加計の学部創設について安倍氏は、知ったのは2017年1月20日であると広言していたが、ついに根元が露見したことになる。

 当時は集団的自衛権行使容認ついての閣議決定の法制化や、戦後70年談話の内容がどうなるかに世間の関心が高まっていたが、友情案件にも大いに腐心していたわけだ。こまめである。

 これだけ追い込まれてくると、並みの人間であれば熟睡できなくなりそうなものだが、さすが安倍氏はまだまだよく眠っておられる模様だ。

 なるほど、悪事に徹すればよく眠られるらしい。うむ。