日々道楽

働き方を改めよ

 「忖度されるほうはわからない」というような答弁をしたのは、安倍氏自身が少なくとも忖度があったことを認めたのである。

 その結果は、客観的にはアンフェアである。

 安倍氏が外遊ばかりの天下の大事で、かかる些事には一切関係なかったと抗弁するのも極めて無理だ。

 安倍氏の日々の動静では、まあ、よくも続くと思うくらい「会食」も多い。どう見ても天下の大事会食が多いとは思えない。

 国民の公僕である首相職にある者が、国民の公僕である官僚諸君を、個人的分野で好き放題駆使しているという現象! が問題なのだ。

 早くいえば、安倍氏は天下国家を論ずる資格がない。

 天下国家は安倍氏の趣味の対象ではない。

 安倍氏はじめ方々の働き方を改善せにゃならない。