日々道楽

最早、行政の信頼が失われた

 首相たるものは、友だちのために便宜を図るようなことは断じてやらない。

 官僚たるものは、清廉にして潔白な首相のもとで国政に関わるのである。

 前述は「建前」である。だから、たまたま首相である安倍氏も、そのもとで行政の任務を遂行する官僚も、その建前を前提として答弁する。

 これは当然至極である。

 ところが友だちの便宜を図るような首相であるからして、「建前のための建前」としての答弁しかできない。

 追い詰められた官僚諸君が不細工な答弁をして、知性・品性、以て個人としての人間性を疑われるだけではなく、官僚システムの信用性は地に堕ちた。

 要は発覚した問題の水源地である安倍氏が正直に語って責任を取ればすむことである。ところが連綿としてポストにしがみつく。

 こうなると、馬を以て鹿という類であって、それを正当化するためには、「儂がルールである」と言い続けねばならない。

 だからデモクラシーもへったくれもない。

 わたしは何度でも主張する。

「安倍氏は即刻辞任せよ」