日々道楽

妄執より国の価値が大切

 安倍氏の妄執で国政が混乱しているのは事実である。

 天下国家のためにしばしば外遊するのもよろしいが、少し頭を冷やして、自己批判する時間のほうが格別大切だと、わたしは確信する。

 本日は憲法記念日である。安倍氏の最大の狙いは、何がなんでも憲法を変えたいということと、いわゆる自衛隊を憲法9条にぶつけることだ。

 現状でも、自衛隊の存在は合憲となっている。その経緯はともかく、万が一の場合に手ぶらでは困るという辺りが国民的認識であって、格別、自衛隊を日陰の存在にしているのではない。

 平和憲法は世界国家の憲法として上等である。だからその文脈で平和攻勢を推進する国家でありたい。これこそが最高の選択肢である。

 万一に備えたいというのであれば、現状の自衛隊の扱いのほうが平和国家としては上等である。価値判断を間違えてはいけない。