日々道楽

ゴミはゴミ箱へ

 金沢から福井へ列車で移動していると、水田に水が満たされ、一部ではすでに苗が植えられている。5月連休にはだいたい田植えが終わるそうだ。

 旅をしていて雨が降るのは歓迎したくないが、雨に緑が映えてとても気持ちがよろしい。

 仕事を終えて、粟津駅で福井行きの列車を待った。1時間待つ。駅は無人駅ではないが自販機のみ。駅前に喫茶店らしきのと中華レストランの看板が見えるが閉まっている。

 こういう旅をしていると、永田町の出来事がまるでゴミ箱をひっくり返しているようにしか見えない。

 ゴミは掃き清めて、然るべく廃却して、出直すしかない。ちょっとした仙人にでもなったような心地であります。