日々道楽

おいおい、読売さんよ

 本日の読売社説は「日報・森友問題 公務員の規範意識が低すぎる」と見出しを掲げるのである。

 読売が堂々たる安倍シンパ活動をやっているのは自由である。

 しかし、ここまで事態が煮詰まってきて、いわば薄皮1枚のところで官僚諸君が踏みとどまっているのは天下周知である。

 この期に及んで、全責任を官僚に押し付ける論陣を張るというのは、いかに安倍応援団だとしても、やり過ぎだ。

 過ぎたるは及ばざるがごとし。読売が、ろくな取材もせず頓珍漢な主張をすればするほど、安倍・読売「一蓮托生」が目立つ。

つまりは事実を認めているのと同じだ。

 さらに付言すれば、販売部数を誇る読売が、このようなザマでは、ジャーナリズム全体の評価を貶める危惧さえある。

 硬骨漢が恍惚漢になってしまってはダメでしょう。