日々道楽

官僚政治

 民主党が政権に就いたとき、官僚政治の打破を掲げた。この場合、ターゲットとなったのは行政を支える官吏諸君である。

 彼らが身構え、さらには旧来の自民党とはだいぶ色合いの異なる民主党を歓迎しなかったであろうことが想像される。

 その点、政権復帰後の安倍内閣は、そのスタイルからして官僚的である。たとえば官房長官の答弁がそれだ。

 これはおそらく官吏諸君を大いに喜ばせたに違いない。

 そこで政治家と官吏(官僚)の馴れ合い・べたつきが進んだ。思うに、今回のモリ・カケ事件の背景はこれである。

 すなわち、政治家と官吏が挙って、国民を無視した官僚政治を展開中だということを、国民諸兄は忘れないほうがよろしい。