日々道楽

安倍一派の暴走は許さない!

 なりふり構わぬ、安倍自民党の暴走というしかない。

 そもそも憲法が国民支配をする「権力」を統御・掣肘するというのは立憲主義・デモクラシーの国としては核心中の核心、基盤中の基盤である。

 この間、安倍氏周辺の低質な国政私物化が、野党などの努力で白日の下にさらされて、じわじわと安倍氏らを追い詰めているのは誰の目にも明らかである。

 安倍一派が憲法を守ろうとする態度がないのが露見した。

 すなわち、このような連中に憲法を変える発議をする資格がないのは政治倫理上も当然である。

 国民という以上、1人ひとりの「わたしが日本」である。その節操のない連中の暴挙を許さないようにしよう。

 わたしは、自民党的無茶苦茶な憲法を変える動きに絶対反対する。