日々道楽

堕落の連鎖

 モリ・カケ騒動が示しているのは、程度の悪い政治家を守るために官僚が獅子奮迅の活躍をするのであるが、その結果、官僚もまた程度が悪いことを天下にさらしたのである。

 登場する政治家と官僚を比べれば、官僚の知的レベルが高いであろう。知的レベルが高くても、知的レベルの低い政治家と同じ水準に堕落する。

 知的レベルと倫理・道徳的レベルは別物だという証明でもある。

 しかも、これはほぼ犯罪なのである。これを放置することは、わが国の政治は最早なんでもありになってしまう。

 自民党には自浄作用がまったく働かない。これはすでに堕落が露見した。