日々道楽

正直≠本音

 わが国の首相氏の言葉に中身がないので、面白くないというのが、日ごろのわたしの不満である。

 しかし、案外正直なお人柄かと思わされる発言も飛び出す。

 いわく、「プライマリー・バランスについて改ざん」させているとか、悪評紛々の国税庁長官人事について「適材適所」であるとも発言する。

 前者は、もともとやる気がないわけであるし、後者は、まさに首相氏にとってはその通りである。

 かくして案外正直だと感想をもつ次第だ。

 もちろん――正直の頭に神宿る――の正直でないのが遺憾である。